OACから見るチームの完成度

生まれ変わった大阪

Fリーグ開幕1週間前に開催されるオーシャンアリーナカップは名古屋が3試合を無失点で勝ち抜く完全優勝で幕を閉じた。準々決勝に進んだFリーグ7チーム(残り1チームは関東リーグ所属のフウガ東京)を試合の内容からチーム作りの完成度を分析する。なお、ここでいう「完成度」とは、各チームの最高を100とした場合に、現状がどの程度かを表すレベルと思ってほしい。

まず、4年連続で決勝に進出した大阪は、例年通りかなり完成度が高い。

昨シーズンから主力に大幅な変化は無いが、新加入のヴィニシウスや過去2シーズン満足な活躍をしていなかったエビーニョ、若手の江口弟らが、今までチームに無かった積極性を生み出し、チームに良い効果をもたらしている。これが原因になっているだろうが、少ないシュートチャンスでも勝ち抜く決定力も向上しており、これまでの得点力不足が改善されるだろう。

懸念材料としては守備面だ。準々決勝の神戸戦の後半のように、押し込まれた時の対処が気になる。相手の猛攻を凌ぎ切るには、純粋に守るだけでなく、攻撃で相手から主導権を奪い返す方法もある。以前ようなシステマチックなパス回しは、それに固執するあまりに相手ゴール前での突破力の乏しさが指摘されてきたが、相手のプレスを回避する術としては必要であるので、これをどう生かすかが鍵になる。

打倒名古屋の最右翼

3位に入った大分は定永、チーニョ、中村といった的確な補強をした事で、総合力としては大幅にアップした。

これまでは攻撃では小曽戸、仁部屋、ディドゥダ、アンドレが攻守の中心となり、彼らの出来が試合を左右するケースも少なくなかった。しかし、昨シーズン終盤から奥田がチームの主軸として機能し、チーニョもディドゥダのように守備と後方からの攻撃で効果的に機能している。

しかし、課題もある。準決勝の大阪戦では、小曽戸の不用意なファール(エビーニョの老獪さとも言える)などでわずか開始4分で2失点したように、試合をコントロールするマネジメント力の強化が求められる。

主力が加入したため、伸びしろはまだまだあり、大阪が決勝で完膚なきまで打ちのめされた事を踏まえると、大分が名古屋を倒す最有力候補として考えられる。

メンタル面が課題の北海道

4位の北海道は、ベテランが抜け若手の出場時間が大幅に伸びた。総合力が未知数な部分があるが、若手が経験を積めば伸びる可能性はあるだけに、完成度としてはまだ低い。

しかし、今大会の4試合で2勝しているが、そのどちらも勝ち越してからさらに追加点を奪って試合を決める力に欠けている。その結果、初戦の府中戦では終盤に一時は逆転され、花巻戦でも追い上げられているが、気を緩めたり、押されたりする時間帯が長い。また、準決勝の名古屋戦でも、積極的にプレスをしかける作戦だったにもかかわらず、名古屋の圧力に負けてゴール前まで押される展開となった。

全体的に若く、経験豊富な選手が少ないために難しいところだが、このあたりが改善できれば、リーグ戦も一昨年のように上位に進出する事も不可能ではない。

万全ではない花巻、神戸、外国人次第の湘南

準々決勝で敗退した神戸、湘南、花巻のうち、神戸に関しては鈴村、山本の両フィクソが不在だったため、難しい戦いとなってしまった。彼らの復帰次第でチームも躍進できる可能性が高い。花巻は戦力的には他より劣るが、まだチームを作り始めたばかり。相根監督の目指すボールポゼッションを徹底し、北海道戦で見せた粘り強さが1シーズン続けられれば面白いチームになるかもしれない。

その反面、湘南は主力になるはずの外国人選手をチームが統率できていない。エースのボラが調整不足で体重が戻っておらず、ジオゴ、ベッチーニョの外国人選手も自分のプレーに走っており、チームとして機能していない。チームの戦略に彼らが従えば大きく変わるだけに、完成度としてはまだまだ低いと言えるが、変わる可能性は今のところ低い。



オーシャンアリーナカップを見る限り、伸びしろがある大分、今大会は不完全燃焼だった神戸あたりがリーグ戦で鍵を握りそうだ。