予想通り

実力差を埋める要素

「守り続ける厳しい試合になるだろうから、ミスを減らしてチャンスを確実に決めるようにしないと」 名古屋との開幕戦を想定して、前川義信監督をはじめキャプテンの岩田雅人や難波田治らベテランが、口が酸っぱくなるほどチームに言い続けていた。それでも、開幕前の練習試合ではミスも多く、チャンスも決められず、戦う気持ちも無く淡々とプレーする選手もおり、内容も結果も出ずに苦しんでおり、名古屋に勝てるどころか、試合にならない状況だった。 日本代表以上とまで言われる名古屋に対し、代表候補選手も0で主力はベテラン、さらにFリーグ未経験者が5人と、単純に選手ひとりひとりを見比べれば名古屋が圧勝するほどの差が両者にはある。だからこそ、わずかな可能性を求めて勝てる可能性に全てを賭ける。初戦が王者名古屋というのは、気持ちが引き締まるという点でかえって良かったのかもしれない。

粘り強く、狙い通り

開幕戦は想定どおり名古屋のボールポゼッションが高く、湘南は岩田、難波田を中心に防戦一方となったうえに、開始からわずか4分でCKからマルキーニョスに苦手な右足で決められる。それでも湘南は体を張って必死に守り続け、ゴールクリアランスではほとんどロングスローでリスクを負わずにロースコアな展開に持っていく。したたかな展開が実り、名古屋陣内でパスカットした岩岡慶宜が冷静にシュートを決めて1-1の同点に追いついた。

同点弾はおまけのようなものだったが、名古屋のボールポゼッションは高くても有効な攻撃はそれほど無く、守備もハイプレスには穴がまだある。名古屋の完成度が低いことを見抜いていた前川監督に作戦があった。ロングスローも、相手を警戒させてできるだけ下げさせることで、中盤でのパス回しをやり易くし、ボールを奪われても失点する可能性を減らせようとした。後半になると、アジウ監督はカウンター狙いのために後半から下がって守るようになり、前川監督の狙い通りの展開になった。

懸念していた不安要素

しかし、予想通りは良い方向だけではなかった。前半こそ守り続けていた守備陣も前半だけで岩田が14分、難波田が13分、豊島が14分も出場していたためにスタミナが切れ始め、徐々に乱れていく。そこをシジネイにやられ、ミドルシュートとドリブル突破から2失点。さらに、連携ミスから自陣でボールを奪われ3点差をつけられた。 終盤パワープレーで1点返したが、結局2-4で敗れた。選手たちは気持ちを前面に押し出し、完成度が低かったとはいえ名古屋の攻撃を止め、後半からはパスを回して自分たちの攻撃の時間帯を作れ、前川監督のシナリオ通りに進んでいた。だが、自分たちの決定力の低さとミスも懸念していたとおりに出てしまい、それが結果につながってしまった。