賢差(かしこさ)

現状を表した結果

Fリーグで最北の花巻と最南の大分。フットサル後進圏の2チームだったが、結果は大分の2勝1分。プレマッチで花巻が町田に勝利し、シーズン中には名古屋に唯一の土をつけたこともあり、花巻の方が上という声もあった。しかし、最後に行われた直接対決。途中までは接戦だったが、終わってみれば8−4と大分が圧勝した。

花巻の拙さ

大分の選手たちはフットサルの経験は浅いものの、高校サッカー選手権に出場したものやJリーグのユース出身など、個人技に優れる選手が多く、個の勝負では他のチームにひけをとらない。今シーズン、サプライズを起こした神戸が大分と相性が悪いのも同じタイプだからという理由もあるだろう。そういったチームにはいかに組織でカバーし、フットサルらしいフットサルで彼らの長所を消さなければならないが、花巻にはできなかった。

8失点のうちオウンゴールやパワープレーでの失点が3点あったので、それを引けば4−5と1点差だったが、2失点目は仁部屋和弘に左サイドから中央に切り返されてオープンなシュートコースを作ってしまい、4失点目は江口学にも左サイドから突破された。いずれもコースさえ切れば失点しない局面だっただけに、チーム間で連携が取れていないことや状況に応じた守備ができずに、余計な失点を増やしてしまった。

マルシオの賢さ

その反面、大分のエース松田は当たり前の対応で2得点を稼いだ。花巻のゴール前には長身のビニシウスが立ちはだかる。松田もフィジカルを武器とし、「(花巻との)過去2戦では決めるところで決められなかったので、決めたい気持ちはあった」と得点を狙っていただけに、花巻ゴール前で熾烈な肉弾戦が繰り広げられるかと思われた。だが、「最初に競ったときに彼の長い足にやられた」(松田)と、それ以降松田はビニシウスがピッチにいる時間はサイドに流れてマークを外し、ビニシウスがピッチにいない時に勝負に出た。

そして、後半31分。ビニシウスがいない瞬間にゴール前に入ってパスを受ける。奥池和行がマークにつくも、松田はそのまま外側に反転しながらシュートを放つ。「狙えばゴレイロは逆をつかれて止められないはず」と強引にニアへ打たず、奥池の股下を狙ってファーサイドへシュートをねじ込んだ。恵まれた肉体やヘディングだけでハットトリックなどのイメージが先行する松田だが、相手のウィークポイントを狙う賢さも持ち合わせている。

いかにして勝つか

Fリーグでは名古屋のフィジカルや浦安の技術力、神戸の個の強さが注目されるが、賢さも勝敗を分ける重要な要素の1つである。日本が力強さや技術で劣る世界の強豪に対抗するには欠かせないスキルである。

松田がしたプレーは決して特別な事ではないし、花巻の選手たちもふだんの練習ではマークの付き方なども行っている。しかし、「試合前にあれこれ考えても10分プレーすれば忘れてしまう」と名古屋オーシャンズの館山マリオ監督は重要なセットプレーを行う際には、残り時間が30秒であってもタイムアウトを取って確認するように、試合中に考えて実践するのは難しい。それだけに、考えてプレーできる選手が重宝される。

技術や体力だけでは勝てない時代がすぐそこまで来ている。