フットサルタイムズトップへ

「まだ見ぬチームを探し求め? 2008/11/30(日)  


どこかのチームに所属してやらないのか?
毎回聞かれる質問で一番多いのがこれです。

解答としては、そんなチームや土地を捜し求め流離(さすら)っていて全国を回りこれからは世界を回りたいというのが願望であります。
自分にとっては日本自体が故郷、チームみたいなものなのです。

たかが一度練習参加したくらい、一度一緒に蹴ったくらいでと思うかもしれませんが。
それが毎回で自分にとって日常のことであれば、尚更記憶に残ります。

このご時世ネットや携帯という電子機器を駆使すれば、連絡とろうと思えばそれこそ24時間いつでもどこにいても連絡が取り合えます。


今まで日本を回り面白いチームや面白いプレーをする選手も何人かみてきました。
今後また再会するのも楽しみですが、まだ見ぬチームや選手と出会うのもたのしみですね。

日本は自分の母国でありいつでも帰れます。
この先世界を回ってからでもいいんじゃないの、帰国するのも落ち着くのもお金と自由の続く限り・・・

この考えだと一生独身、一生フリーターの可能性もありますが・・・w
世間的に一歩引かれても一人でも自分に惹かれる人がいれば、この先も自信を持って自分の道を進める記がします。

自分で選んだ道なんだから後悔はしないでしょ!


伊藤大和



ブラジリアでの即席チーム。どのチームにも思い出が詰まってます


行くところにはいろんな人たちとの出会いが待っています


リオデジャネイロの名所のポンジアスカールからの眺め・絶景!


リオで遭遇したゲイパレードで!世界は刺激に溢れています!!




トップページへ
プロフィールページへ
さすらい評へ