フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2007/12/23 23:52:15

Fリーグ第15節 大阪×花巻戦詳細レポート


 大阪がスコアを重ねて5?0の完封勝利。3節のホーム・花巻戦以来の勝ち星を、2007年の最終戦でようやく上げた。大阪はこれで最下位脱出。対する花巻はなんとこれで、5試合連続の無得点。ついに最下位転落となってしまった。

 「昨日同様、立ち上がりにキックインからの失点となり、モチベーションが下がってしまった」花巻のマルコ監督は立ち上がりの悪さを開口一番に嘆いた。1分、大阪は?キックインが送ったボールが花巻21番ビニシウスの足に当たり、ゴールへ。記録は30番・松宮となったようだが・・・、大阪が先制ゴールを奪う。大阪は4分、右サイドから?瀬戸の送ったボールがゴール正面の?岸本にピタリ。岸本が振り向いてシュートを決めて、2?0とリードを広げる。

 12分にも、?千葉、?水上のコンビでゴールを脅かした花巻は14分にも、カウンターから再び?千葉、?水上とつないでシュートを放つがバーにはじかれ、チャンスを決めきれない。対する大阪は14分、?岸本、?瀬戸、30番松宮とボールがきれいにつながって、3点目。大阪が前半で3点のリードを奪って折り返す。

 後半、花巻は?奥池をゴレイロに入れて、パワープレー開始。しかし大阪陣地に押し込みながらも、やはりゴールが遠い・・・。大阪も固いディフェンスを見せ、花巻にゴールを許さない。

 大阪は27分、花巻陣内のキックインに?鈴木が鋭く寄せてボールをカット。これを?西村が決めて、4?0とリードを広げる。これ以前にも花巻は自陣からのキックインの際も、(パワープレーのため)本来フィールドの?奥池が交代で入ってきたために、大阪は前からパスコースを消しにかかっていた。花巻の対応はこれでよかったのだろうか・・・?

 花巻は31分、?水上が左からシュートを放つが、大阪ゴレイロ?村島がブロック。

 32分には大阪の5ファウルが溜まり、花巻は再び中断していたパワープレーを再開。しかし大阪ゴレイロ?村島のファインセーブなどに阻まれ、ゴールには至らない。逆に大阪は36分、自陣から?一木がカットボールをロングシュート。これが決まって、5?0。さらに大阪がリードを広げた。

 ?千葉、?水上らが懸命に攻めた花巻だが、最後までゴールは生まれず。この日も無得点。
 開幕から善戦を見せ、7節では名古屋オーシャンズを破るジャイアント・キリングを見せた花巻だが、ここに来て、他チームとの実力差が浮き彫りになってきた・・・。「最下位に落ちてしまったので、下はない。少しでも上を目指してやっていきたい」と?千葉は来年の巻き返しに向けてのコメントを残した。まずは連続無得点状態を打ち破る、快心のゴールが見たい。


レポート・北谷 仁治

フットサルタイムズのFリーグレポートへ




SPORTS LIFE eight-fut エスペリオ京都フットサルクラブ
稲沢フットサルスタジアム 調整さん
清立商工株式会社 バナー広告募集中 バナー広告募集中 バナー広告募集中