フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2007/12/23 09:07:12

Fリーグ第14節 名古屋×湘南戦詳細レポート


前半、4分、名古屋は左コーナーキックを?丸山がゴール前へ。?完山が合わせたが、湘南ゴレイロ・青木がセーブ。湘南は?豊島から、縦に送って?野嶋がゴールを脅かす。
序盤は、湘南がしっかりハーフまで引いて守り、名古屋が崩しにかかる展開。しかし湘南も鋭いカウンターを見せる。試合は”固い”感じになっていく。

均衡が破れたのは、17分、名古屋は左サイドを?ボラがドリブルで縦に抜けると、受けた?北原が右に流れつつシュート。これが決まって名古屋が先制。

湘南は18分、右サイドから?荻窪が鋭い弾道のシュートでファーサイドを狙うが名古屋ゴレイロ?定永が右足でファインセーブ。ゴールが遠い。

名古屋は?ボラが魅せる。ハーフラインを過ぎたあたりで、後ろ向きでボールを受けたボラは、走り抜けた味方にヒールパス、と見せて足の甲でボールをストップ。持ち直して、その後も巧みにボールをキープ。

湘南は前半残り35秒、ゴール前に送ったボール、?荻窪がキープしようとしたところを飛び出してきた名古屋ゴレイロ?定永に倒されたが、ファウルは取られず・・・。

前半は1?0、名古屋のリードで折り返す。

後半開始1分、名古屋?完山が右のタッチラインぎりぎりから、ゴール前にボールを入れ、
これを?北原がダイレクトでシュートしゴール。試合は、後半立ち上がりから名古屋ペースで始まる。

25分、今度は?マルキーニョスが一人で相手陣地まで持っていき、右の位置からシュート。ゴレイロとポストの間を抜けてゴール。名古屋が3点目を決める。

湘南は?大地から?関へとパスが繋がりシュートするも、ゴール右へとボールが流れ、1点が遠い。

名古屋は、その後も?マルキーニョスが強いシュートを放つなど、攻めの姿勢を崩さず、30分、中央?丸山からの右のパスに?上澤が反応しシュート。4点目を決めると、直後の31分、キックインからのボールが?小山を経由し、ゴール左にいた?完山へと渡り、シュート。名古屋が怒濤の攻めで5?0と湘南を苦しい状況に追い詰める。

34分、湘南?大地のシュートが名古屋のディフェンスを抜けてゴール。
1点を決めた湘南は?関が右からシュートを放ち、意地の攻撃で追加点を狙うも、
名古屋ゴレイロ?定永のファインセーブの前に決めきることができず、試合は5?1で
名古屋が勝利。明日の浦安戦へと繋がる結果となった。


レポート・福原 まりこ(、北谷 仁治)

フットサルタイムズのFリーグレポートへ




SPORTS LIFE eight-fut エスペリオ京都フットサルクラブ
稲沢フットサルスタジアム 調整さん
清立商工株式会社 バナー広告募集中 バナー広告募集中 バナー広告募集中