フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2007/09/24 01:02:24

Fリーグ 名古屋×神戸戦レポート


9/23(日)、国立代々木競技場第一体育館で、Fリーグ開幕。フットサルの新たな歴史の1ページが開かれた。

開幕カードは圧倒的な優勝候補・名古屋オーシャンズと、Fリーグ参戦に向けて立ち上がった新チーム・デウソン神戸の対戦。

試合開始から神戸はベッタリと自陣に張り付き、名古屋の攻撃に耐えに耐えた。

神戸がドン引きしたこと、名古屋が立ち上がりを慎重に進めたことで、記念すべきオープニングゲームの序盤はスピード感、攻守の入れ替わりの激しさが損なわれた展開になった。

『超攻撃フットサル』を掲げる神戸がここまで守備に徹したのは名古屋の断トツの強さがあったから。まともに戦って勝てない相手ならば、こういった戦い方もひとつの手としてありなのだろう。逆に名古屋はこういった相手に対してもしっかりと勝ち星を重ねるようでないとチャンピオンチームへの道には黄信号が点ることになりそう。

結果的に引き分けに終わったことは神戸にとっては万々歳。名古屋にとっては負けに等しい引き分けだったことだろう。試合後、神戸の?原田が「どこが名古屋を止めれるのかがひとつのテーマだったと思う。とりあえず全勝優勝は止めました」としたり顔。「壁の間が空いていたように見えたので狙った」というフリーキックから同点ゴールをあげた伊藤も「ウチは新しくできたチームとはいえ、恥ずかしい試合は見せられない。名古屋は特別なチームだけど絶対負けたくなかった」と最大最強の敵・名古屋戦に向けて、気持ちが入っていたことを強調した。

対する名古屋は「チーム事情」で、まさかの"マルキーニョス不在"が響いたか。8?9割近くボールを支配したと思われるが、『超攻撃的フットサル』を捨て、『超守備的フットサル』に出た神戸の守備を最後まで崩しきれなかった。

一方の神戸も手放しで喜んでばかりいられる内容ではないはず。少ないながらカウンターから何度かチャンスもあったが、数的有利な状況を把握できず、拙攻で終わらせてしまう場面が見受けられた。またそもそも『Fリーグ』という舞台で"引いて守るだけ"でフットサルの魅力や面白さが伝わるのか―。Fに参戦するチームには"一戦一戦を大事にする"と同時に、"フットサルの魅力を伝える"十字架を背負って欲しいと願わずにはいられない。

公式記録の観客数は、6,339人。





SPORTS LIFE eight-fut エスペリオ京都フットサルクラブ
稲沢フットサルスタジアム 調整さん
清立商工株式会社 バナー広告募集中 バナー広告募集中 バナー広告募集中