フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2016/02/28 17:17:23

SuperSports XEBIO 第16回F地域チャンピオンズリーグ 準決勝速報レポート


「SuperSports XEBIO 第16回F地域チャンピオンズリーグ」の決勝ラウンドが2月28日、名古屋市のテバオーシャンアリーナで開かれている。

 準決勝第1試合は初戦で敗れながらも2勝1敗でAグループを勝ち上がったリガーレ東京と、昨年度の覇者SWH Futsal Clubを破ってCグループを制した広島F・DOが対戦した。
 前半はお互いに良い時間帯を均等に作ったが、決定機には乏しい試合展開。F・DOは1次ラウンド2ゴールの三宅研司を残り2分まで使わず、後半に備える。
 後半も岡野健へのピヴォ当てを多用するリガーレと、それぞれキャプテン川田尚幸、田中健次郎を中心にした2セットでゴールに迫るF・DOが一進一退の攻防を繰り広げる。
 30分、リガーレは岡野健が第2PKを決めて先制。その後も2度、第2PKのチャンスを得るが、F・DOのゴレイロ岡野拓也が好セーブで追加点を許さない。
 F・DOは残り6分から三宅をゴレイロに据えてパワープレーを開始。リガーレは2度のピンチを防ぐと、残り12秒で岡野健がパワープレー返しを決め、試合の幕を下ろした。

 準決勝第2試合は名古屋オーシャンズサテライト、BLACKA BROCCOを僅差で下しDivertido旭川に引き分けて駒を進めたヴァクサ高槻と、3連勝で勢いに乗るゾット早稲田の顔合わせ。
 試合開始からペースを握ったのはゾット。テンポの良いパス回しでゴールに迫る。7分に右サイドライン際から雪島洋樹が放ったゴロシュート、8分に裏に抜け出した荒木淳のシュートはポストに阻まれるが、3セットそれぞれが特色を発揮した。
 だが、試合を動かしたのはヴァクサ。13分、自陣右サイドから中田雄介が大きく左サイドライン際の沼田慎也に振り、ワンタッチで戻ってきたボールをゾットゴールに蹴りこんだ。ヴァクサは15分のFKでも笠岡良護がゴールを陥れ、前半を2対0で終える。
 後半も攻め込むゾットに耐えるヴァクサという展開。ゾットは前からのプレスが奏功し、25分に米谷悟が追撃のゴール。残り2分40秒からは荒木をゴレイロに据えてパワープレーに出るも、ヴァクサの守備網を崩すには至らなかった。

 午後3時からの決勝戦はリガーレ東京対ヴァクサ高槻に決まった。

【準決勝】
▼リガーレ東京 2-0 広島F・DO
30分 岡野健(リガーレ)
40分 岡野健(リガーレ)

▼ヴァクサ高槻 2-1 ゾット早稲田
13分 中田雄介(ヴァクサ)
15分 笠岡良護(ヴァクサ)
25分 米谷悟(ゾット)

リガーレ東京・西野宏太郎監督兼選手ミニインタビュー
▼決勝進出の感想は。
1次ラウンドの初戦は1対7で負けたが、『他力』で決勝トーナメントに上がって来ることができた。1年間のご褒美、がんばってきたからこの舞台が得られたのだと思う。
▼後半は岡野選手へのピヴォ当てを徹底していたが。
今シーズンは、(リーグ戦でも)相手に引かれ、崩すのが難しい場面があった。きょうもそうした流れだった。後半からセットのメンバーを入れ替え、できるだけ岡野に入れるようにした。
▼接戦をものにしての決勝進出。
もともと1、2点を大事にするチーム。きょうは特に失点を0に抑えたDFは評価できる。攻撃には課題があるが、最後は走り切ったチームが勝つ。よく走り切ってくれた。決勝も走り勝つことを(目標として)チームで共有したい。

ヴァクサ高槻・辻崎陽監督ミニインタビュー
▼準決勝にどう臨んだか。
相手の映像を見て、対策を練って戦術、フィジカル、メンタルのマネージメントをした。耐える展開になることは予想していた。メンタルのコントロール、下がった位置からのカウンターについて意識した。
▼大きなサイドチェンジからの先制点は見事だった。
練習通り。ああいう形を狙いながらのシステム攻撃を1年間ずっとやっている。うまくいった。
▼その後は耐える時間が続いた。
本当はもっとつなぎたかったが、リスクマネジメントを考えて、前に1本入れて前のエリアで回そうとしていた。選手たちは自分たちの力を100%出してくれたと思う。
▼決勝進出は6年ぶり。
緊張感のある中で試合ができる。こうした舞台は、選手が成長する上で、最大の材料だと思っている。(現役だった)6年前とは立場が違うが、ここに持ってくるためにプレーヤーを辞めて監督になった。最低限の結果は出せたと思う。



パワープレー返しを決めたリガーレ岡野健(中央)


フィクソとしてゲームをけん引したリガーレ西野


F・DOキャプテンの川田は再三鋭いシュートを見せた


リガーレ碓井孝一郎(左)とF・DO田中健次郎の競り合い


先制点を決め、ベンチで祝福を受けるヴァクサ中田


たぐいまれな技術を発揮し、チームに落ち着きをもたらしたヴァクサ中西卓也


追加点を挙げたヴァクサ笠岡


ゾットは米谷の1点にとどまった


写真・文:橋爪 充



フットサルの日程調整ツール 調整さん

M's FUTSAL eight-fut バナー広告募集中
稲沢フットサルスタジアム バナー広告募集中
エスペリオ京都フットサルクラブ バナー広告募集中 清立商工株式会社 バナー広告募集中