フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2015/02/22 06:48:42

第15回FUTSAL地域チャンピオンズリーグ 愛知会場


開催日:2015年2月21日(土)
会場:愛知県・一宮市総合体育館、岐阜県・岐阜メモリアルセンター
試合時間:前後半20分、ハーフタイム10分

写真・文/橋爪充

 第15回FUTSAL地域チャンピオンズリーグは21日、1次ラウンド2日目を行った。愛知会場の試合の模様は次の通り。

 第1試合Aピッチは、ともに前日敗れている大和撫子/VIORA藤枝とkagoshimaFRの対戦。kagoshimaは2点先行されるものの、前半のうちに吉元直希らのゴールで逆転。後半も常に先手を取る戦いで大和撫子を降した。Bピッチは前年度今大会準優勝のファイルフォックス府中とヴォスクオーレ仙台サテライトの対戦。前半に藤山翔太の2ゴールで先行した仙台サテは、後半追いつかれるものの試合終了間際に南本晶が劇的な勝ち越しゴール。2勝目を挙げ、準決勝進出の可能性を高めた。

 第2試合Aピッチは、前日敗れているCAFURINGA東久留米がsafilvaを6対3で振り切った。safilvaは前半を2対2で折り返すなど粘りを見せたが、後半のパワープレーは実らなかった。Bピッチは、前日の勝者チーム同士の対戦。ビークス白山は7分に山口誠司が相手ミスを逃さず先制ゴール。広島F・DOに7選手が8ゴールを浴びせて完封勝利を収めた。互いに退場者を出す展開だったが、ビークスの決定力がF・DOを上回った。

 第3試合Aピッチは、勝てば準決勝進出の可能性があるファイルフォックスと、連敗の大和撫子が対戦。ファイルフォックスは2対2の残り3分半から、勝ち点3を得るためにパワープレーに打って出たが裏目に出た。向島雅之のパワープレー返しが決まり、大和撫子が3対2で勝利した。Bピッチでは仙台サテが2点のビハインドを追いつき、kagoshimaと勝ち点1を分け合った。

 第4試合Aピッチは、4年前の準決勝の再現。勝って準決勝進出の可能性を残したいCAFURINGAがパワープレー返しで加点し勝利した。試合が続いていたBピッチではsafilvaのパワープレーがF・DOを1点差まで追いつめていたが、結局このまま試合終了。勝ち点6で3チームが並んだが、得失点差でビークスが準決勝にコマを進めた。

 2日間の1次ラウンドの結果、22日の準決勝のカードは仙台サテ対ミキハウスフットサルクラブ、ビークス白山対SWH Futsal clubに決まった。準決勝に関東リーグのチームの名がないこと、また東北リーグのチームがベスト4に進むのは史上初となる。

 同会場で行われた地域女子リーグカップ1次ラウンドは丸岡RUCKレディースとarco-iris KOBEが22日の決勝に進んだ。



[第15回FUTSAL地域チャンピオンズリーグ2日目の結果]
【岐阜会場】
〈Dグループ〉
SWH Futsal Club 1-1 R,D/DINO’S
ROBOGATO 4-4 ZOTT WASEDA FUTSAL CLUB
SWH Futsal Club 4-1 ROBOGATO
ZOTT WASEDA FUTSAL CLUB 4-3 R,D/DINO’S
※SWH Futsal Clubが2勝1分で準決勝進出

〈Cグループ〉
バルドラール浦安セグンド 5-2 Divertido旭川
ミキハウスフットサルクラブ 8-2 Arancio Giocare EL BLANCO
Arancio Giocare EL BLANCO 4-3 Divertido旭川
ミキハウスフットサルクラブ 6-4 バルドラール浦安セグンド
※ミキハウスフットサルクラブが2勝1分で準決勝進出

【愛知会場】
〈Bグループ〉
CAFURINGA東久留米 6‐3 safilva
ビークス白山 8‐0 広島F・DO
CAFURINGA東久留米 6‐3ビークス白山
広島F・DO 6‐5 safilva
※CAFURINGA東久留米、ビークス白山、広島F・DOが2勝1敗で並び、当該対決での得失点差でビークスが準決勝進出

〈Aグループ〉
kagoshimaFR 6‐3大和撫子/VIORA藤枝
ヴォスクオーレ仙台サテライト 3-2 ファイルフォックス府中
大和撫子/VIORA藤枝3-2 ファイルフォックス府中
ヴォスクオーレ仙台サテライト 2-2 kagoshimaFR
※ヴォスクオーレ仙台サテライトが2勝1分で準決勝進出



▼ビークス白山・アドリアーノ監督コメント
「F・DO戦はいろいろなバリエーションでゴールが生まれ、完ぺきに近かった。カフリンガ戦は相手がいいリズムで攻撃を作っているときに、(守備の)足が出なかった。(カフリンガ戦のパワープレーの意図は?)勝ちに行く狙いだった。相手の守備の形が整わない間の、最初のチャンスで決められれば良かったが、うまくいかなかった。昨日、今日で3試合やって、選手の頑張りで準決勝進出という成果が出た。明日はうまく調整し、ぜひとも決勝に進みたい」

▼ヴォスクオーレ仙台サテライト・佐藤隆行監督コメント
「前評判が高くなかったので、絶対に覆してやろうと、一丸となって戦った。僕らは週5、6で練習している。セットプレーやパワープレーなど積み重ねてきたものはどこにも負けないという思いだった。それが得点につながった。まずは守りから入ること。走り切ること。すべて積み重ねてきたもの。試合展開は違っても、指示する言葉は変わらなかった。(東北リーグのチームが準決勝進出は初めてだが?)素直にうれしい。彼ら(選手)が報われたように思う。トップの選手に負けたくないという気持ちで、日々練習している。この結果で、トップの選手たちにもプレッシャーがかかるだろう。それが、僕らの存在証明にもつながる。明日は最後まで走り切る戦いをして、優勝したい」



この日大活躍のビークス廣岡慎也。CAFURINGA戦ではハットトリック達成


ビークスのキャプテン瀬川昴暁(左)とF・DOのキャプテン川田尚幸のマッチアップ


大和撫子は初対戦のファイルフォックスに勝利。後半残り2分で向島雅之のパワープレー返しが決まる


大和撫子・木下裕二郎は持ち前のスピードを生かし、ファイルフォックス戦で同点ゴール


ファイルフォックス戦で2ゴール。トップチームでの出場も重ねる仙台サテ藤山翔太


ビークス戦で3点目の起点となるドリブル突破を見せるCAFURINGA垣本右近


ファイルフォックスは1次ラウンド敗退。大和撫子戦では開始2分半で佐藤雅啓が先制ゴールしたが・・・


小松竜也をゴレイロに据えたパワープレーでF・DOをあと一歩まで追いつめたsafilva。CAFURINGAにも善戦した


老獪なテクニックと正確なFKを披露したkagoshima大楠浩章



フットサルの日程調整ツール 調整さん

M's FUTSAL eight-fut バナー広告募集中
稲沢フットサルスタジアム バナー広告募集中
エスペリオ京都フットサルクラブ バナー広告募集中 清立商工株式会社 バナー広告募集中