フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2006/10/09 16:13:54

残り10秒土壇場同点ゴール、PK制し、東京が逆転優勝!


本日、10/9(月・祝)、神戸のワールド記念ホールで行われている全国選抜フットサル大会、決勝戦は大方の予想を大きく覆し、福岡県選抜が、4?0と東京都選抜からリードを奪って折り返しました。

 東京都選抜の圧勝も予想された、東京×福岡という決勝カード。
しかし先制は福岡。9分、今年選抜初選手の?永野が東京ゴールを破る。

 12分にも福岡は中央から右サイドへキレイにスルーパスが通ると、受けた?桑名が中央に進みながら逆サイドにシュート。これが決まって2?0。福岡のリードが広がる。

 14分にも福岡。同じような形。中央センターライン付近から右サイドに送ったボール、サイドを駆け上がった?手嶋がダイレクトでゴレイロの股下を抜くシュートで3点目。3?0。さすがの東京にも焦りの色が見えるパスも出始めた。

 1点でも返しておきたい東京だが、19分、6つ目のファウルで第2PKを取られる。福岡はこれをこちらも選抜初選出の?田中が決めて、4?0。
 がっちり引いて守る福岡は、自身のリードで、守備のリズムと集中力も出ている。福岡が東京に1点も与えず、前半を折り返した。

 しかし後半の立ち上がり、東京は?横山が立て続けに2点を奪い、一気に反撃ムード。
 そして6分残して、攻撃時には?西野をゴレイロに入れ、パワープレー開始。福岡も粘りに粘ったが、残り4分、東京はゴール右横からの折り返しを?森谷が決めて、3?4。そして残り10秒だった。東京はゴールエリア内右サイドから中央に流したボールを?吉成が値千金の土壇場同点ゴール。準決勝の埼玉戦の肋骨を折り、決勝戦には出場できなかったキャプテンの?狩野 新。?吉成がめくった緑のシャツの下には?狩野のシャツが着込まれていた。

 試合はそのままPK戦へ。「俺たちは勝ちに来たんだ!!」と円陣を組んだ東京都選抜は8人目、福岡?手嶋のシュートをゴレイロ?松原が顔面ブロック。すると?横山 哲久が確実に決め、前半終わったときには遠くに、遠くにあった優勝を、最後はきっちり自分たちの手元にたぐり寄せた。

 苦しみながらも22回を数える全国選抜フットサル大会の中で、東京都選抜は4チーム目となる大会連覇の偉業を達成。個人個人の技術のみならず、チーム戦術、トレーナー、ドクター含めたスタッフの編成からも、他地域、他の道府県を一歩も二歩も先を行く感のある東京都選抜。今年も神戸の地で、『フットサルナンバーワンは東京』というイメージを強烈に印象付けた。



フットサルの日程調整ツール 調整さん

M's FUTSAL eight-fut バナー広告募集中
稲沢フットサルスタジアム バナー広告募集中
エスペリオ京都フットサルクラブ バナー広告募集中 清立商工株式会社 バナー広告募集中