フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2011/02/24 21:54:33

2/14(月)〜16(水) 静岡・代表候補合宿レポート2


2/14(月)〜16(水)、フットサル日本代表としては"お馴染み"となった静岡県のエコパアリーナにて、フットサル日本代表候補合宿が行われた。
そのうちの2日目(午前・午後)、3日目のトレーニングの模様をレポートする。第2回の今回は、2日目の午後練習について。


●トレーニング1.アップゲーム

 いつもの流れ。ウォーミングアップから、パス交換、そしてアップゲーム。このセッションのアップゲームは2組に分かれて、ボール回し。ゴレイロの藤原と村山がそれぞれのゴースト役(鬼)で、彼らに触られたチームは罰として腕立て伏せ。川原はフリーマンで入った。

 チーム分けは赤チームが、菅原、稲葉、小宮山、木暮、小曽戸、皆本、逸見。黄色チームが、原田、横江、北原、松宮、仁部屋、上澤、滝田。




菅原をかわしにかかる滝田




●トレーニング2.シュート練習

 次はシュート練習。これもお馴染みの形。センターライン上に鬼が3人。他の選手は中央突破して両サイドのゴールにシュート。鬼に触られたら鬼と交代。鬼の前で立ち止まらないよう、鬼に"ロックオン"されたら、4秒以内に突破しなければらならない。

 このメニューが5分ほど続いて、最初の休憩。


●トレーニング3.3対3

 ゲーム形式。間にセットプレーが入る。バックパスなし。ゴールキーパーからのボールは必ず自陣でワンバウンドさせる、いつものミゲルルール。

 3チームに分けられた。チーム分けは、青チームが、小宮山、上澤、逸見、松宮、横江。白チームが、北原、菅原、稲葉、皆本。黄色チームが、滝田、木暮、仁部屋、原田、小曽戸。

 3つのテーマに分けられ、1つ目は、ディフェンスは前からプレス。攻撃は、3枚並ぶ形(3−1)、2種類の旋回、4−0の4つの形から。

 2本目はハーフから始めて、タイミングを見て、プレスをかけていく。攻撃はピヴォを使うこと。ピヴォが居ないとき、どう押し込むか。誰がスペースに入るか。

 3本目は実戦形式で。勝っているチームはハーフから。負けているチームは前プレ。タイスコアのときは両チームが前プレ。

 ピヴォが入っているときに、アラやフィクソが長い距離を抜けて行くと「ピヴォのスペースを潰さない」の声。逆アラが裏を取られたシーンでは「ボールにプレスがかかってなかったら、裏が取られるよ」の注意。ボールに対してはプレスをしっかりかけること。かかっていなかったら、マークを確認してパスコースを切ることが求められる。

 北原は足の爪(?)を内出血しているようで、途中で大事を取って、練習をストップした。



午後もミゲル監督不在での練習となった。指揮を取る在原コーチ





在原コーチにアドバイスを求める小曽戸

















●トレーニング4.4対4

 実戦形式。勝っているチームはハーフから。負けているチームは前プレ。タイスコアのときは両チームが前プレで、4対4。

 チーム分けは、黄チームが、原田、仁部屋、木暮、滝田、菅原、小曽戸。青チームが、松宮、上澤、皆本、小宮山、稲葉、横江。








逸見のゴールを祝福


視野の広い稲葉


木暮と対峙する逸見ラファエル。Fリーグでは見れない光景


木暮に仕掛ける逸見ラファエル





積極的にコミュニケーションを取る菅原





果敢にドリブルを仕掛ける皆本





ヒールリフトでシュートを狙った逸見ラファエル











午後のセッション終了。元チームメイトの松宮に声をかける藤原


小宮山と確認をする稲葉


小森コーチの下、入念なダウン


トレーニングの前後は、自然と選手たちの表情に笑みがこぼれる。雰囲気はいいようだ


レポート・写真:北谷 仁治


>> 2/14(月)〜16(水) 静岡・代表候補合宿レポート1





SPORTS LIFE eight-fut エスペリオ京都フットサルクラブ
稲沢フットサルスタジアム 調整さん
清立商工株式会社 バナー広告募集中 バナー広告募集中 バナー広告募集中