フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2011/02/23 13:22:13

関西L最終節 リンドバロッサ×FUGOU KYOTO


2/5(土)に行われた、関西フットサルリーグ 2010 最終節、リンドバロッサ×FUGOU KYOTOは、8−3で、リンドバロッサが勝利。この結果、FUGOU KYOTOは関西リーグ降格となってしまった。


最後までひとり、声を出していたのはベテランゴレイロの桑野


チームを引っ張ったが「ひとつにできなかった」と悔やんだ松岡
































●FUGOU KYOTO・松岡選手インタビュー

タイムズ「降格が決定してしまいました」
松岡選手「残念なんですけど・・・。去年の主力が抜けて、でもまぁ能力の高い子が入ってきてたんですけれど、チームとして、まとまり切れなかったのが原因ですね。最後、頑張りきれなかったところ。人数的には増えてきたんですが、その分、まとまり切れなかったかなぁと」

タイムズ「最後も、今日勝てば残留に望みがつながる試合でした」
松岡選手「これまでもみんなが言いたいことを言って、それぞれが前を向いてやろうと言っていたが、流れが悪くなったときに頑張りきれない部分。メンタル的に弱かったかなぁと」

タイムズ「今シーズンを振り返って」
松岡選手「立ち上がりはいい雰囲気でできていた部分もあったが、時間が経って、結果が出ないときに悪くなってきて、全体的には結果も全然出ず、不本意なシーズンだった」

タイムズ「結果が出なかった要因は?」
松岡選手「チームとしての練習もまとまってできていなかった。仕事で来れないメンバーが居たりとか。まぁどこのチームにもあることだと思うので、そこに原因を持って行ってしまってる時点でダメですが。キャプテンとしてチームの方向性を決めれなかったのは反省点です」

タイムズ「後半、向こうのタイムアウトのときも、チームで固まって話をする姿も無かったが・・・」
松岡選手「そういう部分だと思います。僕自身『やっていこう』と言いながら仕事で練習に参加できない部分で、不満を持っていた子も居るかもしれない」

タイムズ「来シーズン、1年で戻るために」
松岡選手「そうですね。どういう戦いをしていくか、どういった戦い方が自分たちに合っているか。いいところを持っている選手は多いが、それだけでは戦っていけない。オフェンス能力は高い選手が多いので、ディフェンスをどれだけ頑張れるか。そういう部分を徹底すれば、いいディフェンスができれば、攻撃は個人の能力がある。あとはバランスの部分だと思う」


レポート・写真:北谷 仁治





SPORTS LIFE eight-fut エスペリオ京都フットサルクラブ
稲沢フットサルスタジアム 調整さん
清立商工株式会社 バナー広告募集中 バナー広告募集中 バナー広告募集中