フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2011/02/23 12:54:14

関西L最終節 funf bein×カンカンボーイズ


2/5(土)に行われた、関西フットサルリーグ 2010 最終節、funf bein×カンカンボーイズは、3−0で、funf beinが勝利を収めた。


錚々たる顔ぶれが集まった今季のフュンフ。しかし結果は順位にとどまった


カンカンボーイズ。負け越したが、昨年より勝ち星を1つ増やし、順位も一つ上げて6位





主力メンバーの年齢も上がり、なかなか"カウンターのカンカン"という特色は出せなくなってきた








この日キャプテンマークを巻いていた及川。フットサル選手としての完成度は高い。素晴らしい選手だ


フュンフのエースの座を守る山地











カンカンサポーター席。スクール生か?子どもたちも多く見守った


関西を代表するピヴォの馬場。今季はジョイからフュンフに活躍の場を移した


フゴウから移籍した吉田。"阪大のメッシ"と異名をとったという逸材


抜群の安定感を誇る戌谷。元シュライカー大阪








後半は20.竹内がフュンフのゴールマウスを守り、無失点を守り抜いた














フュンフは音羽の2ゴールで、カンカンを引き離した


●フュンフバイン・木村監督インタビュー

タイムズ「今シーズンを振り返って?」
木村監督「結果を出せなかったのは、ボクの統率力の欠如というか、足りなかった部分ですね。基本的にプレー面は選手に任せているが、この時間帯はこうしようというマネジメントができていなかった。その積み重ねが関西リーグで4位であったり、全日の結果だったと思う」

タイムズ「新しい選手が入って、チームつくりで難しい部分があった?」
木村監督「いえ、基本的には今までのベースがあるので。入ってきた選手もすぐ入り込めたので。ただ試合運びとか、そういう部分でうまく行かなかった。今日は理想的な試合運びだったが、こういう試合が続けれなかった。初戦のフエルテ戦で、3点差のリードをひっくり返されたり。勝った試合も負けた試合も接戦が多かった。チームが1つになっていたら、そういう試合を勝てるんですけれど。選手はワンプレーワンプレーを大事にするだけ。試合を見ていくのは監督だったり、スタッフの力だと思うが、うまくできなかった」

タイムズ「来年に向けて」
木村監督「ボクも含めて、チームの体制をもう一度考えたいと思います」

タイムズ「全日で同志社大学に負けたとき、チームがバラバラになることは無かった?」
木村監督「そういうのはないです。(今季は)同じような負け方が多かった。引いた相手に対してどう戦うか。攻める時間が長いときに、カウンターのリスクを考えた攻撃ができていない。リスクマネジメントができていなかった。それはこのチームの弱点だと最初からわかっていたので。負ける理由がハッキリしていたので」

タイムズ「今季はFUERTEとS.W.Hが地域CL出場となります」
木村監督「いいと思います。どちらも若いチームなので。若い連中は最後まで走れます。そういう部分でアグレッシブな戦いを試合開始からずっとできるというのは楽しみ。今年の関西は強いと思います。ウチが出たらウチが(地域CLを)勝っていたと思います。そのくらいのレベルだと思うので」

タイムズ「この2チームが地域CLに出るということは、関西リーグの勢力図は変わった?それとも今年はたまたまフュンフ他の古豪の調子が悪かった?」
木村監督「調子が悪かったのはないですね。チーム全体の力であったり、勢力図が変わったまでは言わないですけれど。S.W.Hに関しては、上(上田監督)がしっかりしてますよね。ボクもS.W.Hにはすごく期待をしています」

タイムズ「フュンフは若いチームのようには走れなくなってきている?」
木村監督「いえ、そう言っているわけではないです。コンディション保つトレーニング時間を持っているかいないか。年齢が上でも、そういう時間を持っている選手がどれだけ居るか。ウチはベテランの選手が仕事で社会的責任が大きくなっていたり、家庭があったりで、波がある。そういう部分ですね。そういうところを自分たちが認めていくと、またそこで強くなっていくと思います。やらないと対等以上に戦えないというのを自分たちが認めて。で、やろうとなったときに、このチームはもっと強くなる。名前の通った選手が居ればそれで強いワケではなく、そういった選手も含めて全員が練習に来て、やっていけるかどうかが一番大事」


●フュンフバイン・吉田 将之選手インタビュー

タイムズ「今季、フゴウからフュンフに移籍した理由は?」
吉田選手「何かを変えたい想いがありました。フュンフは数年優勝争いしていましたし。そういう環境にチャレンジしたいと」

タイムズ「今シーズンを振り返って」
吉田選手「1年通じてパフォーマンスが維持できなかった。総合力で(優勝したチームとは)差が出たのかなと思います」

タイムズ「吉田選手の目標を教えてください」
吉田選手「関西リーグ優勝。全日本。獲れるタイトルは全部獲りたいですね」

タイムズ「フットサルを始めたキッカケは?」
吉田選手「フゴウに誘ってもらったことです。最初は(サッカーと)全然違うので戸惑いました。動き方もわからない。ちょっとしたミスが失点につながりますし。切り替えの速さとか・・・全部が違いますね」

タイムズ「フットサルをやっていれば、サッカーのプレーも変わると思いますか?」
吉田選手「止める蹴るといった技術は伸びると思います。プレッシャーは早いですし、シンキングスピードも上がると思います。判断が早くなる」

タイムズ「フゴウが今日、降格となってしまいました」
吉田選手「勝負事とは言え、残念です。負ける要素はひとつでは無いと思いますし、運(の要素)もあったと思います。最後は試合に臨む準備の部分だと思います。結局はそこが(試合で)集約されて出るのだと思います。1年で復活して欲しいです」


レポート・写真:北谷 仁治





SPORTS LIFE eight-fut エスペリオ京都フットサルクラブ
稲沢フットサルスタジアム 調整さん
清立商工株式会社 バナー広告募集中 バナー広告募集中 バナー広告募集中