試合の“50%”を決めるのは……

 フットサルはGKが50%を決める――。あまりにも有名なフットサル界の格言だ。誰が言い出したのかはわからないけど、ブラジル人もスペイン人も、それから日本人もみんな言っている。だけど、日本人の僕たちはその言葉が今一つピンと来てなかったのが正直なところだった。

 本当に試合の50%を決めているGKをお目にかかったことがなかったからだ。こう書くと、川原がいるじゃないか、遠藤がいるじゃないか、などなど、異論反論はあると思う。実際に日本にもうまいGKは何人もいたし、今もいる。だけどこれほどまでにGKの力を実感することはなかった。

 言うまでもない、全日本選手権で優勝したシュライカー大阪のGK、イゴールのことだ。「ブラジル代表クラスの実力者」、「日本のフットサルを変える」と言われた男は、全日本の決勝という日本フットサルで最も目立てる場所で圧倒的な存在感を放った。

 圧巻だったのは“ファインセーブ”がほとんどなかったことだった。ファインセーブという言葉には届きそうもない場所に手を伸ばして触ったり、逆を突かれたシュートを足で止めるというイメージがあるだろう。だが、イゴールのプレーにそんなシーンは皆無だといっていい。

 パスを回す、コースが空く、ゴールの予感が漂う。だが、そのとき、イゴールはすでにシュートコースに立ち塞がっている。股を狙われないように足を揃えながら、シューターとの距離を詰める。相手の打ったシュートがイゴールの体に当たる。吠えるイゴール。

 準決勝の神戸戦でも、決勝の湘南戦でも、そんなシーンを何度見たことか。

 ハイライトは湘南戦の後半、大阪のFKを自陣でカットしたボラがドリブルで持ち上がる、相手陣内にはイゴールのみ。ボラvsイゴール。フットサルファンが一番見たかった、期待していたシーンが訪れた。

 イゴールによればボラが何かしらのフェイントをしてくることは読んでいたという。ドリブルで迫ってくるボラに対して、イゴールはペナルティーエリアの境目あたりで止まって腰を落とした。「はい、どうぞ」と言わんばかりに。

 イゴールとの距離が3メートルぐらいになったところで、ボラが右足を大きく振り上げてシュート体勢に入る。シュートと見せかけて打たずに右足でボールを左にナメて、右アウトでループシュート。日本人GKだったら百発百中で引っかかるボラの必殺技である。

 同点の夢を乗せたボラのシュートには、しかし、イゴールがしっかりと反応していた。右手で叩き落とされたボールはコースが変わってゴールマウス横に外れていった。ボラvsイゴールの勝者はイゴールだった。最終スコアが4−0となった決勝戦を分けたのはこのシーンだった。

 試合後にある記者(というか高田宗太郎)が大阪の一木秀之に彼らしい、ちょっと意地悪な質問をした。「GKが試合の50%を決めるとよく言いますが、イゴールは大阪の何%を決めていますか?」と。一木は「イゴールの力だけではない」とプライドをのぞかせながら、「でも50%は超えてると思います」と話してくれた。

 今回の全日本選手権の注目度は例年よりも低かった。盛り上がりにも正直欠けていたと思う。だけど、この試合を代々木第一体育館で見た人は心の底から実感したはずだ。「フットサルはGKが50%を決める」という言葉の意味を。

プロフィール
北健一郎
1982年7月6日、北海道旭川市出身。稲葉洸太郎、高橋健介、フウガの中心メンバーたちと同じ“82年組”のライター。いつの日か彼らの仲間に入れてもらうこと夢見ている。
目次へ フットサルタイムズトップへ スポーツライター北健一郎のブログへ