第48回「ワンツー」

「ワンツー」…「ワン!」「ツー!」というタイミングの、テンポのよいパス交換で、相手の守備網を突破するコンビプレー。「壁パス」とも呼ばれるし、フットサルではブラジルリスペクトで「ウンドイス」と言う人もいる。

壁役の選手が
相手2人の間に入る

サッカーではサイドの局面の突破や、ゴール前での密集の突破などに、ワンツーのパス交換が頻繁に使われる。フットサルでも、ワンツーは相手の裏のスペースを取るのに有効なプレーだ。

2人による、テンポのいいパス交換だ。1人がマークを引きつけてから、壁当てするようにボールをもう1人の味方に出して、マークの裏へ走り込む。そして壁役となった選手は、素早くボールをその走り込む味方へリターンする。

それぞれのポイント。「ワンツー」の「ワン」の選手は、素早くマークを振り切ること。パスを出すと同時に裏へ動く感覚だ。パスを出した足が、ダッシュの1歩目になるような動作が大切とされる。

そして壁役の「ツー」の選手は、リターンするときに、そのパスが相手に引っかからない位置にいること。つまり、味方のマークと自分のマーク、相手2人の間に移動して、リターンパスのコースを自ら作る動きが重要だ。


フットサルで大切な
パス交換の方向とタイミング

ただ、フットサルをプレーしたり、見たりしていて、サッカーとは感覚がちょっと違うと思っている人は多いのではないだろうか。

フットサルでよくあるワンツーは2つ。一つは、サイドでボールを持っているアラが、斜め前にいるピボと行うものだ。サッカーでいえば、サイドで縦のスペースを突く、「く」の字のパス交換。

しかしお気づきのように、フットサルはピッチが狭い。サッカーと同じ様に「く」の字でパス交換すると、リターンが前に抜けていって、ゴールラインを割ってしまうケースが多くなる。それに選手同士の距離が近いので、サッカーと同じ様な「ワン」「ツー」のテンポだと、パスの速さに動きが間に合わないこともある。

そこで、ピボのリターンのプレーにひと工夫が必要だ。あまり前方のスペースに出しすぎず、走る味方の足元へ近いところへパスの角度を変えるとか。あるいはサッカーではほとんどのケースがワンタッチでリターンを出すけれど、そこで少しボールを持ってタメを作ってから、スペースへ入りかけている味方の足元へリターンするとか。

パスの方向とタイミングの調節が大切になる。それにリターンパス自体のスピードのコントロールも考えないといけないだろう。

ちなみに、そんな事情なので、フットサルのワンツーでは、裏を取られかけた守備側の選手が、素早い切り替えでリターンを阻止できる場面も出てくる。そこで攻撃側としては、走る選手が縦のスペースに行くと見せてから方向転換で中に入ってきて、ピボの側でリターンを受けようというプレーも出てくるのだ。ご存知のように、これはフットサルでは「ピボ当て」としてよく知られる種類のプレーになるわけである。

フットサルワンツーのもう一つのパターンは、アラとフィクソのパス交換。ハーフウェイライン付近で、壁役のフィクソがアラと平行な高さまで上がった状態にし、「横パス→縦パス」という方向のパス交換で裏を取る。

この場合は、裏にわりと大きなスペースがある状態なので、壁役のリターンもワンタッチでそのスペースに出され、走る選手があとからボールに追いつくような形が多い。しかし気をつけないといけないのは、前方でピボをマークしている相手フィクソがいる点。この相手にカバーリングをされてしまうと、ワンツーが決まらない。

そこで、ピボが逆サイドの奥にポジションを変えるなどで相手フィクソを引きつけて、味方がワンツーできるスペースを作っておく工夫なども必要になってくる。

このようにワンツーには、いかにもフットサルっぽい、ひとつのプレーへのディテールへのこだわりが詰まっている。だからこそ、プレーでも見ていても、フットサルでワンツーが決まると、非常に爽快なのである。


プロフィール
菊地芳樹(きくち・よしき)
1971年7月22日生まれ、神奈川県出身。明治大学卒業後、学研に入社。サッカー雑誌、ゴルフ雑誌の編集記者を経てフリーに。現在は、サッカー雑誌「ストライカーDX」の編集スタッフとして働きつつ、他雑誌にもフットサルを中心に原稿を書いている。フットサルは90年代半ばより興味を持って取材し始め、これまで各媒体に原稿を書き、実用書も多く手がけてきた。フットサルの永続的な普及・発展に貢献したく、初心者からリピーター・マニアへの橋渡し役としての立ち位置を意識しています。
目次へ